インプラントとクラウン

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせることが可能です。
抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。
初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。
一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用を一度に用意できない方も多いのが当然です。
クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローンで支払いができる融通の利く歯科医院が多くなりました。
全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療に取りかかることは十分可能になりました。
インプラント治療を検討している方、大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。
良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。
人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れるのではと心配する必要はありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクをゼロにすることはできません。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目を損なってしまう問題もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
一種類だけではなく、部品の接続形態によって何種類かのタイプがあります。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにアバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという段階を踏みます。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。
ほとんどのケースは保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうので失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることはもちろんです。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないといったことも他の歯科治療と異なります。
インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
管理人のお世話になってるサイト⇒通販サイトで歯のホワイトニングジェルを購入